-5-



そう言って私はお兄ちゃんに抱きついた。

そして、お兄ちゃんはゆっくりと私を抱き返した。

「本当に?」

「うん。私はお兄ちゃんが好き。お兄ちゃんは?」

「俺も美佐が好きだよ。」

「じゃ私達両思いだね。」

私はお兄ちゃんを見上げながらそう言うと、お兄ちゃんは昔から知っている

優しい笑顔で私を見ている。

そんなお兄ちゃんの笑顔が嬉しくて、思わずお兄ちゃんの頬にキスをして

しまった。

「お兄ちゃん大好きっ!」

私が笑顔でそう言うと、お兄ちゃんは頭を抱えてしまった。


えっ、駄目だった?


お兄ちゃんの様子に私がオロオロしていると、お兄ちゃんは顔を上げ、

私の唇にゆっくりとキスをした。

お兄ちゃんの行動にビックリして目を見開いたままにしていると、

お兄ちゃんの唇はゆっくり離れていってしまった。


お兄ちゃんの唇柔らかくて、暖かかった。

お兄ちゃんとキスしちゃった。


お兄ちゃんのキスの後、自分の唇を指でなぞっていると、

「美佐〜、俺の忍耐力を試してるのか?」

と、お兄ちゃんが唸りながら言った。

「え?」

「こんな可愛いことされたら抑えきれないだろうが。」

「何が?」

「っ、やっぱりお前は子供だよっ。

男には色々と事情があるんだよっ。」

「えー、子供じゃないよ〜。

それに男の事情って何?」

「子供には教えません。」

「えー、私子供じゃないもんっ!教えてよ〜。」

私はお兄ちゃんが私のことを子供と言っている意味が分からなくて、

お兄ちゃんの身体をゆさゆさ揺らしながら、お兄ちゃんに話して

くれるようにねだった。

すると、お兄ちゃんは、

「美佐がねだったんだからな。」

と、そう言って私の唇に再びキスをした。


なんだ、キスしたかったんだお兄ちゃん。


私は、またお兄ちゃんの温もりが感じることができるのが嬉しくて、

キスを受け入れていた。

でも、お兄ちゃんは先ほどとは違うキスをしてきたのだった。

それは、私の唇を尼甘噛みしたかと思うと、私の唇を舌で開き、私の口

の中に舌を侵入させてきた。


「んっ!?んんっ!」


急なお兄ちゃんの行動に私はビックリして、塞がれた状態のまま声を

というより、こもってしまってなんて言っているか分からない声を上げて

しまった。

そんな中お兄ちゃんは私の口の中で好き勝手に動いている。

しかも、その動きは私の身体を痺れさせるものだった。

その痺れは不快なものじゃなくて、むしろ気持ちいいと感じてしまう

ものだった。

そして、お兄ちゃんは私の口の中で動きまわった後、ゆっくりと

私の唇から離れていった。

「こういうことだよ、男の事情ってやつは。

美佐が可愛いことすれば我慢が効かなくなるんだよ。」

お兄ちゃんはそう言って、私に背を向けてしまった。

私はそんなお兄ちゃんの背中に近づき、自分が感じた気持ちを正直に

話した。

「お兄ちゃん、私気持ちよかったよキス。もっとしたいって思ったよ。」

そう言うとお兄ちゃんは、私の方を向きなおし、うーと唸った後

私の頬に触れながら言った。

「お前は〜、そういうこと言うなよ。折角我慢してるのが抑えられない

だろうが。」

「何で我慢するの?私お兄ちゃんと気持ちよくなりたい。」

「美佐、気持ちよくなるって・・・。キスの先がどういうものかわかって

いってるのか?」

「キスの先?」

「ったく、分かってないのにそういうことを無防備に言うな。」

「キスの先ってよく分かんないけど、お兄ちゃんと気持ちよくなれるん

でしょ?だったらやってみたい。駄目?」

私がお兄ちゃんを見ながらそう言うとお兄ちゃんは、

「あー、我慢も限界だっ!

美佐が俺の我慢を抑えを外したんだからな。覚悟しろよ。」

そう言って、私を抱き上げるとベットの上にポンッと落とした。

そして、私のシャツの裾から自分の腕を入れて、器用に私のブラを外し、

私の胸を押えていた物を失くしてしまった。

その後、ゆっくりと私の胸に触れてきたかと思うと、私の胸の突起に

触れ、ゆっくりと突起に触れて回したり押さえたりと刺激してきた。

その刺激は、さっきキスをした時に感じたような痺れを私に与え、私の

口からは、今まで出したことがないような甘い声が出てしまった。


「あんっ、んんっ」


そんな私の声に反応したようにお兄ちゃんは今度は器用に私のシャツ

を私から脱がせてしまった。

そして、自分の口を近づけ私の突起を口に含み、舌で転がし始めた。

お兄ちゃんの舌の温もりを感じながら、舌の動きにビクッと身体を反応

させた。


「はぁんっ・・・ああぁんっ!」

「なん・・・か、変だよぉ〜」

「何が変なんだ?」


お兄ちゃんは唇を離し、私に話しかけてきた。

でも、手の動きが唇と交代しているだけで、私の胸の突起に触れたまま

だった。

その動きは両方の胸を刺激していて、お兄ちゃんの問いかけに私はなか

なか答えることが出来ないでいた。

そんな私をお兄ちゃんは楽しそうに見た後、私の首筋に顔を埋め唇で触れ

てきた。

そしてそこは、私の痺れを増幅させるスイッチ?と思ってしまうぐらい、

身体中に電気が走ってしまったような気がした。



「そ・・こ・・・駄目ぇ〜っ。もっと変にぃ・・なるよぉ・・」

私がそう言うと、

「美佐は首筋感じるんだ。じゃもっと感じてもらわないとな。」

そう言ってお兄ちゃんは首筋を吸い付いたかと思うと、舌で舐めてきた。

「おにぃ・・ちゃぁ・・んっ、おかし・・くなる・・よぉっ!」

「おかしくなるんじゃないよ。気持ちよくなるんだよ。」

「気持ち・・よく?」

「そう。ここはどうかな?」

お兄ちゃんはそう言ってスカートをスッと脱がせたかと思うと、下着の上から

割れ目に触れ、指を動かした。

その動きは私の腰を浮かせ、私を感じさせた。

「ほら、濡れてたのがもっと濡れてきたぞ。そんなに気持ちいいのか?」

お兄ちゃんの言葉になんだか恥ずかしくなりながらも、感じてしまって

私の口からは言葉にならない声だけが出ていた。

「あああぁっ!・・・はああぁん、あぅっ」

そして、今まで下着の上から触っていたお兄ちゃんの指が私の秘部の中に

侵入し、私の中をかき回し始めた。

しかも、秘部の近くにある突起に触れながら。

「いややぁぁんっ・・あああっ!」

私は今まで以上に何が何だか分からなくなり、お兄ちゃんからもたらされる

刺激に翻弄されていた。

「おに・・・ゃぁっ、もうっ!」

私の中で何かか弾ける感じがして耐えれなくなってきていた。

その何かを感じたのかお兄ちゃんは、

「ん?いきそうなのか?」

そう言って、私の中にある指の動きを早め、そばにある突起の刺激を

続けた。

その動きに私の頭の中は真っ白になり、何かが弾けたかと思うと、身体が

ビクッとなり、急に身体の力が抜けてしまった。

私は自分に起こったことがわからないまま荒い息を吐いていると、

「いったみたいだな。そんなに気持ちよかったのか?

まー、気持ちよくなるようにしてたんだけどな。」

そう言ってお兄ちゃんは自分の洋服を脱ぎだした。

そして、私の目にお兄ちゃんの物が見えた。

それは、初めて見るもので私は興味を持ってしまった。




私はそっとその物に触れてみた。

するとそれはぴくっと反応を示した。

その反応が面白くて、私は擦ったりしていると、ぴくぴくしながら大きく

なっていった。

「っこらっ、・・・もう駄目だろ触ったら」

お兄ちゃんは顔をしかめながら切なそうな顔で私を見ている。

「何で触っちゃいけないの?」

「美佐に触られたら気持ちよすぎちゃうからだよ。だから、手じゃなくて

ほかの所で気持ちよくさせて欲しいんだよ。」

「他の所?」

「そう、ここでね。」

そう言ってお兄ちゃんは再び私の中に指を潜りこませてきた。

「いやぁぁんっ・・はぁんっ」

私は再びお兄ちゃんから与えられる刺激に感じてしまい、声を出して

しまった。

お兄ちゃんの指は私の中をかき回し、私の秘部から、濡れた音が耳に

響いてきた。

「濡れて気持ち良さそうだな。じゃ、そろそろ中に入るから、痛いとは

思うけど、ゆっくり入るから。」

そう言ってお兄ちゃんは自分の物を私の秘部に侵入させてきた。

「いたぁいっ!」

「ごめん、でも、もう止めれないから。」

そう言ってお兄ちゃんは秘部の突起に触れ、刺激してきた。

その動きは私を感じさせるには十分な動きで、

「いっ・・・あああぁぁん。はぁぁんっ」

私は痛みを感じながらも、痛みとは違う快感も感じていた。

そして、さっきも体験した頭の中が真っ白になるような霞が頭の中で

感じていた。

「っんんっ。はぁぁん、あんっ・・・おに・・ちゃ・・っ、ま・・・たっ!」

「っい・・きそうか?おれ、もっ!」

お兄ちゃんはそう言って動きを早め、私の頭の中を真っ白にさせ、

「うっ!」

と、お兄ちゃんは唸り、私の上に身体にゆっくりと倒れこんできた。

しばらく2人で荒い息を吐きながらも、私はお兄ちゃんの身体の温もりを

感じて、ぎゅっとお兄ちゃんを抱きしめた。



「どうしたんだ?」

「だって、お兄ちゃんが近くにいるんだもん。だから嬉しくて。」

「俺も嬉しいよやっと美佐の近くに来ることができたんだからな。」

「お兄ちゃん大好きっ!」

「俺も好きだよ。」

そう言って、お兄ちゃんは私に優しくて私の気持ちを満たしてくれる

キスをした。







あの後、初めてだった私の身体を心配して、あれ以上続けることはなく、

ベッドの上で離れていた間のお互いのことを話したり、キスをしたりと、

気恥ずかしいけど、楽しい時間を過ごしていた。

すると、ドアがガチャっと開き、

「おーい、ゆっくり話はできたかぁ〜。」

と、翔兄が亜季ちゃんと一緒に入ってきた。

2人の登場にビックリしてしまった私だったけど、お兄ちゃんは気にする

様子もなく、

「帰ってくるのが早いんじゃないか?」

と、身体をフルフル震わせている翔兄に言った。

「何言ってやがるっ!俺がいないのをいいことに美佐に手を出し

やがってっ!!今すぐベッドから出ろっ!!」

そう言ってベッドに近づいてくる。

翔兄の怒りがヒシヒシと伝わってきて、どうしようかと思いお兄ちゃんを

見ると、心配ないよという表情で、私を抱きしめた。

「こらーっ、何抱きしめてんだ京平っ!」

再び怒鳴りだしたお兄ちゃんに、

「うるさいシスコン兄っ!カップルの邪魔なんて無粋なことしてんじゃ

ないのっ。

美佐が好きになった人なんだから認めなさいよ。

ったく、行くわよ。邪魔者は大人しく退散しないとね。」

そう言って亜季ちゃんは翔兄を引っ張り部屋から出て行こうとしている。

翔兄は、亜季ちゃんの行動に抵抗を示し、

「離せっ!俺はすることがあるんだーっ。」

と、叫んだけど、亜季ちゃんは気にする様子もなく、

「いいから来るのっ!」

そう言って翔兄と共に部屋から出て行ってしまった。





2人が出て行った後、私とお兄ちゃんは顔を見合わせ笑ってしまった。

「とりあえず、頼もしい味方もいるみたいだし、翔太のことは大丈夫

みたいだな。」

「そうだね。亜季ちゃんと翔兄、夫婦漫才みたい。」

「いいコンビなのかもな。」

「そうだね。」

私はそう言ってお兄ちゃんにぎゅっと抱きついた。


もう離れることはない私が大好きなお兄ちゃん。

もう2度と遠くへ行かないでいつもそばにいてね。



+おわり♪+





お礼小説完結です。
初めて新作のお話をお礼小説にしてみましたが如何でしたでしょうか。
お礼小説なので、間を置かずに更新できたので安心しております(笑)
脇役2人が目立ってしまった気もしないでもないんですが、
この小説で皆様への日頃の感謝の気持ちをお渡しできればと
思っています。
拙いながらも頑張って小説を書いていこうと思っていますので、
これからもよろしくお願いします。


マチ拝





面白かったよとちょっとでも思ってくれたら押してもらえるとうれしいです♪
よろしかったら感想も一緒に書いてもらえるとますますうれしいです♪



Novel

Back




検索サイトから来られた方は、 こちら からTOPへどうぞ。