-8-



なかなか眠れなかった夜が過ぎて、朝になると夢と愛が、寝ている私の

身体の上にダイブしてきた。

「「まことちゃ〜ん、おなかすいたよぉ〜。」」

「ちょっ、ちょっと重い〜!!」

「「はーやーくー!!」」

「わ、わかったから、上からどいてね。」

「「したでまってるからはやくきてねぇ〜。」」

夢と愛は私の身体の上から離れると、私を起こして満足したようで、

笑顔で部屋を出ていった。


もう朝なのね。あんまり寝てないからまだ眠いけど、2人が起こしに

来たということは、2人の活動時間の始まりだから起きないと

いけないか。


眠くてベッドから離れたくなかったが、夢と愛に朝ご飯を作らないと

いけないなぁと思い、なんとかベッドから離れることが出来た。

時計を見ると、7時を少し過ぎている時間だった。

子供の休みの日の朝は早い。夢も愛も保育園に行く日はなかなか

布団から出ようとせず、私はいつも遅刻ギリギリに学校に行っているが、

休みの日はいつも2人に起こされている。

私は朝ご飯を作るために洋服に着替えて部屋を出て洗面所で顔を洗い、

台所へと向かった。





「おいしー、まことちゃん。」

「やっぱりまことちゃんのごはんがいちばんだよな。」

「ありがと、2人共褒めてくれて。お姉ちゃんは今日も仕事って言って

たから、そろそろ起こさないとね。」

夢と愛に朝ご飯を食べさせながら、今日も仕事のお姉ちゃんを起こさないと

いけないと思い、お姉ちゃんの部屋に向かった。





「お姉ちゃん朝だよ、早く起きないと朝ご飯食べる時間なくなっちゃうよ。」

お姉ちゃんの身体を揺らしながら起こすけど、まったく起きる様子もなく、

すーすーと寝息が聞こえてくる。


もー、毎朝こうなんだからっ!


私は仕方なく、いつも起こす方法でお姉ちゃんを起こすことにした。

お姉ちゃんは昔から寝起きが悪くて、なかなか起きてくれない。

そこで考えたのがこの方法。

口と鼻を押えて息が出来ないようにしてしまう。

あんまりいい方法じゃないかもしれないけど、寝起きが悪いお姉ちゃんには

これぐらいしないと効果がない。

いろんな方法をためしたけど、お姉ちゃんにはこの方法が1番効果的

だった。

人間生きるか寝るかの選択になったら生きる方をとるのが、この方法で

よくわかった。


まー当たり前なんだけどね。


鼻と口を押えていると、お姉ちゃんはだんだん表情を変えてたかと思うと、

すごい勢いで身体を起した。

「だーっ!!」

お姉ちゃんは大きな声を出して起きたかと思うと、私を睨んでいる。

「毎日苦しいのっ!」

「そんなこと言ったって、お姉ちゃんこうしないと起きないじゃない。」

「普通に起してくれれば起きるわよ!」

「起きませんっ。早くしないと朝ご飯食べれなくなるよ。」

「それは困る。」

「じゃ早く用意してね。」

そう言ってお姉ちゃんの部屋から出てお姉ちゃんの朝ご飯の用意を

することにした。


お兄さんがいたら、お兄さんが起してくれるのになぁ。

出張に行っちゃったからしかたないか。


お姉ちゃんの旦那様は出張が多い人で、今も出張に行っている。

お姉ちゃんの押しの一手で2人は結婚することになり、今では仲良し

夫婦だ。

お兄さんがいる時はどんな技を使ってるのかわからないけど、私が

起す時よりもお姉ちゃんは、すっきり起きる。

お兄さんが早く帰ってきてくれることを祈るばかりだ。





「いってきまーす。」

「いってらっしゃ〜い。」

「がんばってしごとしてこいよ。」

「は〜い。」

お姉ちゃんは、夢と愛のお見送りに頬ずりをして答えていた。





お姉ちゃんを仕事に送り出した後、掃除・洗濯をしていると、お昼ご飯

の時間になったので、夢と愛にリクエストを聞いてスパゲティーを作って

食べた。

ご飯を食べた後、お腹も満たされたせいか眠くなってきた。

昼寝でもしようかなぁなんて思っていたが、大事なことを思い出して

しまった。


そうだった。課題に使う本を買いに行かないといけないんだった。

量が多いから、今日と明日でやってしまわないと終わんないよぉ〜。

しかたない、夢と愛連れて本屋に行こうっ。


本屋に行くことを夢と愛に伝えると、

「「わーい、おでかけだぁ。」」

夢と愛はおでかけができると飛び跳ねて喜んでいる。

「かえりにチョコレートパフェたべた〜い。」

「おれも〜。」

「よし。せっかくだしパフェ食べようか。」

「「やった〜!」」

再び2人は飛び跳ねて喜んだ。


本当2人共パフェ好きだよねぇ。すっごく喜んでるもんね。


そんなことを思いながら、飛び跳ねている2人を落ち着かせて、

出かける準備をした。





本屋に行き、目的の本を見つけてレジに向かっていると、料理の本が

あるコーナーが目に入ってきた。

そのコーナーにより、本を手に取りパラパラとページをめくってみた。


潤一郎先生、料理何が好きなんだろ?今度作る時には、潤一郎先生が

好きな料理作ってあげたいなぁ。

それでまたおいしいって言ってもらえたら、もーうれしくて踊り

だしちゃいそう!


1人想像の世界に入っていると、スカートを引っ張られていて、

夢と愛が私を見上げていた。

「まことちゃん、へんなかおになってる。」

「まことちゃんニヤニヤしてへんなの〜。」

夢と愛は、私の顔を変だ変だと言って笑い出した。


変な顔って。潤一郎先生のこと考えて1人想像の世界に入りこんでいた

からって。そんなひどかったかな?


変な顔と言われて、急いで本を置いてレジに向かった。





「さて、本も買ったことだし、パフェ食べに行こうね。」

「「いこう、いこう!」」

本屋を出て、瑛子に教えてもらっていたパフェがおいしいカフェに向かって

歩き出した。

夢と愛はパフェパフェと言いながらスキップして歩いている。

そんな2人を転ばないように手をつないでいると、夢が突然、

「あー、じゅんいちろうだ〜。」

と言って立ち止まり指を指している。


きゃーっ、潤一郎先生だー!!保育園以外の場所で会えるなんて

すごい偶然。

偶然というよりも縁があるのかなぁ、私達。


そんな浮かれたことを考えながら、潤一郎先生に声をかけようと思い、

小走りで夢と愛の手を引きながら潤一郎先生のいる場所に近づいた。

近づこうとしたけど、途中からできなかった。





だって潤一郎先生の隣には、きれいな大人の女性が潤一郎先生の腕に

腕を絡ませて立っていたから。





Novel

Next

Back




検索サイトから来られた方は、 こちら からTOPへどうぞ。