-22-



ベッドの上に私を座らせると、横に潤一郎さんは腰をかけて私の髪に

触れ、首筋にも触れたかと思うと、ゆっくりと自分の方に引き寄せ

唇を重ねた。

その唇は柔らかくて、温かくて、私を安心させた。

すると、潤一郎さんは、私の唇を開き、舌を潜りこませてきた。

そしてその舌は、私の舌に絡みついたり、口の中で動きだし、私の

身体に痺れを与えてきた。

「んっ・・はぁ」

潤一郎さんの唇が離れると、私の口から鼻にかかったような声が出て

しまった。

「真琴ちゃん、これから先に進みますけど、止めるなら今ですよ?

先に進んでしまったら止める自信がないので。」

潤一郎さんはそう言って、私の顔をじっと見ている。


確かに今まで経験したことがないことをしようとするのは怖い。

でも、潤一郎さんが経験させてくれるなら大丈夫な気がする。

だから・・・。


「やめないで・・・。」

私は潤一郎さんを見つめて言った。

「そんな瞳を潤ませながら言われてしまうと、もう止めることができませんよ。

今から真琴ちゃんの心も身体も貰いますね。」

そう言って潤一郎さんは、私をベッドの上にゆっくりと倒した。





潤一郎さんは、キスをしながら私の胸に触れてきた。

そして、上手に私の洋服を脱がせていき、潤一郎さんも上着を脱ぎ、

上半身裸の潤一郎さんが私の目の前にある。

初めて見る潤一郎さんの裸がきれいで、思わず触れてしまった。

「潤一郎さんきれい。」

「真琴ちゃんの方がきれいですよ。いつもこの姿を見たいと思うぐらいに。」

潤一郎さんにそう言われて、自分が裸の状態で、潤一郎さんの前にいる

ことを自覚してしまい、恥ずかしくて、毛布を引き寄せようとすると、

潤一郎さんに動きを止められてしまった。

「駄目ですよ。目の保養を隠そうだなんて。」

「そんなこと言っても恥ずかしい・・・。」

「じゃ、恥ずかしいなんて思わなくしてあげますよ。」

潤一郎さんは楽しそうにそう言ったかと思うと、私の胸に口をつけ

吸い付いてきた。

「はぁぁん・・・あんっ」

「やぁあんっ」

潤一郎さんは吸い付いてきたかと思うと、舌を使い、私の胸の突起を

コロコロと転がした。

反対の胸には指先が触れてきて、私は自分の身体が痺れてきているのを

感じた。

その痺れは、私の感覚を敏感にさせるように身体が震えてしまう。

「感じてるんですね、かわいいですよ真琴ちゃん。」

潤一郎さんはそう言いながら、私の肌に手を這わせてくる。

そんな潤一郎さんの動きでさえも私を感じさせてしまい、私の口からは

喘ぎ声が止まらなくなってしまった。

「・・・っん、はぁぁん」

そして潤一郎さんは、私の秘部に指を触れてきて、今感じている刺激よりも

強い刺激を与えてきた。

「いゃ・・・、ぁあっ・・・・!」

「気持ちいいんじゃないですか真琴ちゃん。

ここはどんどん蜜が溢れてきますよ。」

「そぉ・・ん!・・・・なことぉっ」

潤一郎さんの指が私の中で動いていき、中を探ってくる。

潤一郎さんに与えられる刺激をどうしたらいいのか分からなくなってしまい

私は、頭を左右に振ってしまう。

「もうっ!ああっ」

私がそう言うと潤一郎さんは私の秘部から指を抜いてしまった。

私は今まで感じていた刺激がなくなってしまい、身体に残る痺れを

どうすればいいのか分からなかった。

「潤一郎さん、身体が痺れたままなの。」

「真琴ちゃん、目が潤んでますよ。この先をしても大丈夫そうですね。」

そう言って潤一郎さんは私の足を抱えゆっくりと私の中に侵入してきた。



その動きは、私に痛みを与えるもので、思わず私の口からは、

「いたぁいいっ・・・・んぁ」



という言葉が出てしまった。

「ごめんね真琴ちゃん。でも、先に進めさせて下さいね。」

そう言って潤一郎さんはゆっくりと私の中への侵入を続けた。

「っもう入りましたよ。わかりますか?」

痛みでギュッと瞑っていた私の目頭に潤一郎さんはキスをしながら言った。

潤一郎さんの言葉に私は、自分の中で潤一郎さんを受け止めていることを

実感した。

そして、私の中にいる潤一郎さんの物がドクドク脈打っているのを感じ、

潤一郎さんと一つになれたことを知らせてくれているような気がした。



そして、潤一郎さんの顔を見上げると潤一郎さんが、

「真琴ちゃん痛いとは思いますが、ゆっくり動きますよ。」

そう言って、私の中で動き始めた。

その動きは私に痛みを与えてくるもので、思わずまた目を瞑ってしまった。

そんな私に潤一郎さんは、深い口づけをしてきた。

その口づけは、私の身体から力を抜かせ、私の中で動いている潤一郎さん

を感じさせた。

そして、今まで痛いだけだったその動きが、次第に甘い痺れを私に与える。

「はぁぁん・・・ああぁ」

「なぁん・・・かぁっ、身体がぁ!」

「感じてきましたか?いいんですよ感じて真琴ちゃん。

このまま2人でお互いを感じましょう。」

そう言って潤一郎さんは徐々に動きを早めていった。

私はその動きに頭の中がぼぉっとしてしまい、このまま感じたことのない

高みへ浮かんでいってしまいそうな感覚になった。

「じゅんっ・・んいちっろぉ・・・さっん、も・・・う!」

「っ真琴ちゃん・・一緒にっ!」

そう言って潤一郎さんは動きを早め、私は与えられる快感に身体を痺れ

させ、いってしまった。

潤一郎さんはうっ、と言ったかと思うと、私の身体の上にゆっくりと

倒れこんできた。





「痛いのに無理をさせてしまいましたね。」

潤一郎さんはそう言って顔を上げて、私の唇に優しくキスをしてきた。

私は潤一郎さんの重みが気持ちよくて、潤一郎さんの身体に頬を

すりつけた。

「そんなかわいいことをされたら、またしたくなってしまいますよ。」

そう言って潤一郎さんは、少し意地悪そうな顔をして言った。

「もう無理ですっ。」

「冗談ですよ。今日はこれ以上しませんよ。でも、今度はそうもいきません

けどね。」

潤一郎さんは何気に怖いことをいいながら、私の髪に触れてきた。


なんだか満たされた気がするのはなんでなんだろ。

身体を結びつけたことで潤一郎さんをもっと好きになったよ。

潤一郎さんはどうなんだろ?


私はそう思いながら潤一郎さんを見ると、潤一郎さんは私の気持ちが

分かったかのように、今私が欲しい言葉を言ってくれた。

「好きですよ真琴ちゃん。」

「私も潤一郎さんのこと大好きっ。」

そう言って私は潤一郎さんにぎゅっと抱きつくと潤一郎さんは、優しく

抱きしめてくれた。





潤一郎さんの温もりを感じながら私は、自分の心と身体が潤一郎さんの

物になったことが嬉しくて、そして、潤一郎さんの心と身体が自分の物に

なったことがうれしかった。

今感じているこの気持ちを大切にしていきたいと思う。





+おわり♪+





『キッズ・ラブソディ』完結です♪
このお話をこんなに長く書くとは思ってもいなかったのですが、思いのほか
皆様に気に入ってもらえていたようで(笑)
なので、思うように潤一郎が動いてくれなくてどうしようと悩んでいた時も、
皆様の応援の言葉に励まされ、最後まで書くことができました。
長い間読んで頂いてありがとうございました☆





面白かったよとちょっとでも思ってくれたら押してもらえるとうれしいです♪
よろしかったら感想も一緒に書いてもらえるとますますうれしいです♪

Novel

Back




検索サイトから来られた方は、 こちら からTOPへどうぞ。