いつもの日常

2話

先ほどの優しいキスと違い、私の唇を割って入ってきた亮輔の舌が、私の舌に絡んでくる。
絡んだかと思うと、吸ったりして私の口の中を荒らしてくる。
「あぁ・・・ん」

私は、耐えられず、唇をずらし、吐息をもらした。
そうしていると、亮輔の手が私の感じてしまうに秘部に指を滑らせる。
「やっ、そこはっ」
私は思わず亮輔の腕を止めた。

「なに?真菜は好きだろ?ここをいじられるのが。」
亮輔は私の両手を頭元に押えながら、触ってきた。
「やぁっ・・あぁっ・・」
「駄目ぇ、そんなにしたら・・・っ」
亮輔の指が私の感じる所を的確に当てながら私を感じさせる。
「真菜、どんどん蜜が溢れてくるよ。そんなに気持ちいいの?」
亮輔は指で私の中を探り続けた。

「はぁぁん・・あああぁ・・・。」
私は、喘ぎ声しか出すことが出来ず、亮輔の愛撫に酔いしれていった。
「真菜は、ここも好きだもんな。」
と言いながら、口で私の胸の突起を吸いだした。
「はぁぁ・・んっ、もっと吸って」
私は、身体の力が抜けてしまい、口からは、喘ぎと催促の言葉が出てしまった。
「もっと気持ちよくしてやるよ。」
亮輔はそう言いながら、口と手で私の胸の突起を扱いだした。

その間にも、亮輔は私の秘部も、荒らし続け、私は感じすぎて
頭がおかしくなりそうだ。
「亮輔っ、私・・・もぉ・・っ!!」
耐えられなくなった私は、亮輔の頭を強く抱いて、限界を伝えた。
「そろそろ、真菜の中に入るぞ。」
「う・・・んっ、早く入れてっ」

「あん・・・・あっ、あっ・・・!」
亮輔が私の中で感じる所を探しながら、何度も出たり入ったりを繰り返している。
感じすぎて、自分が何をいっているのか分からなくなってきている私に、亮輔の物が、奥まで届き、私の感じる場所を的確に狙ってくる。
「気持ちいいよぉ〜、亮輔〜っ」
私は足を亮輔の身体に絡め、両腕で抱きしめながら言った。
「俺も気持ち・・いいよっ、真菜がどんどん俺を締め付けてくるよ」
私の耳を甘噛みながら、囁いてきた。
気持ちいいよぉ〜、何かいつもより感じてるみたい私・・・。
「亮輔っもう・・わっ・・た・しっ・・!」
「真菜っ・・いっしょに、いこう・・・真菜、愛してるよ!」
「私も、・・・・あいっ・・・し・てるっ!!」
亮輔に答えていると、亮輔は私の腰を持ち、激しく動き出した。
奥まで一気に突かれ、亮輔の物を自分の中で感じ、肌で亮輔を感じていると、
亮輔がくれた快感の波にのまれながら、私の意識は薄れていった。

朝になり、亮輔の腕の中で目覚めた私は、左手の指にはまっている
指輪を眺めていた。
すると、私を優しく抱きしめていた腕に力が入り、亮輔が、
「おはよ。どうしたんだ、そんなに眺めて。」
「うれしくって、何度も眺めちゃうの。」
亮輔の方に身体の向きを変えながら抱きつき、私は答えた。

毎日大きな変化があるわけでもない。
でも、愛する人といればいつもと違う日常を送ることができる。
亮輔がいれば、私のいつもの日常は、素敵なものにすることができる・・・。
これからも一緒にいようね。亮輔
+おわり♪+